conect+Support

  • 合計アクティビティ 226
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 12
  • サブスクリプション 107

アクティビティの概要

conect+Supportさんの最近のアクティビティ
  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    c+ Liteに保存されているデータをダウンロードする方法

      c+ Liteにログインします。 https://auth.conect.plus/signin   メインメニューより、「データ」を選択します。 対象のプロジェクト、ガジェット等を選択し、「CSVダウンロード」を実行します。   対象のデータがCSV形式でダウンロードされます。    

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    c+ StudioからLINEにアラート通知を送信する

      本記事ではconect+ Studioのルール機能とIFTTTを組み合わせてLINEに通知を送信する設定についてご案内します。   conect + Studioのルール機能は、センサーのデータに応じて、管理者に通知を行ったり、他のシステムと連携させたりすることができます。 今回は、先日のプレスリリースで紹介した株式会社ハピクロさまのシステムでも取り入れられている、conect + St...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    「スイッチウィジェット」の使い方

      スイッチウィジェットは、ダッシュボードの操作でデータやデバイスにデータを送信することができるウィジェットです。(2020/12/15追加)   ----- 基本的な使い方 スイッチウィジェットの設定 ダッシュボード画面からスイッチウィジェットを操作する -----     基本的な使い方 左メニューのゲージより、スイッチウィジェットを選択します。         スイッチウィジェットの...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    Microsoft Azureとconect+ Studioの連携サンプルをご紹介

        本記事ではMicrosoft AzureのノンコーディングPaaS「Logic Apps」を使って、conect+ Studioと連携させる方法について、以前プレスリリースで紹介された株式会社ハピクロさんの保育園用熱中症アラートシステムを例に解説します。   現在、conect+ Studioを始め、様々なIoT向けのサービスが世に出ています。大手のクラウドベンダー(Amazon ...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    積み上げグラフの使い方

      2020年11月に積み上げグラフウィジェットをリリースしました。 こちらのグラフウィジェットもアラームグラフと同じく設備管理の稼働状況等でお使い頂けますが、積み上げグラフは月次全体での動作確認等でより使いやすいウィジェットとなっております。       ページ編集→積み上げグラフを選択します       積み上げグラフには例えば以下のようなデータをPostします。   上記のデータ...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    アラームグラフの使い方

      アラームグラフは2020年11月にリリースされたウィジェットです。 例えば設備の稼働状況などを直感的に把握したいといったシーンでお使い頂けます。       ページ編集画面より、アラームグラフウィジェットを選択します。     アラームグラフを利用するためのデータは以下のような時間軸と計測値をPostします。   上記の場合、以下のような表示になります。   デフォルトでは、  ...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    作成したウィジェットをコピーしたい

      作成したウィジェットをコピーし、貼り付ける方法についてご案内します。 (2020/10/21リリース機能)   コピーペーストには2つの方法があります。 ウィジェットのコピーペーストアイコンで実行する ウィジェットを選択し、control+C→control+V(macの場合はcommand)で実行する   1.の場合(アイコンコピー) ページ編集モードにて、コピーしたいウィジェット...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    ヒートマップ ウィジェットの使い方

    2020年9月に新しくリリースされた新ウィジェット「ヒートマップウィジェット」についてご案内します。   ヒートマップとは:データを可視化するために2次元データの個々の値を色や濃淡で表現したグラフの一種。直感的に課題や分析結果を発見することができる。     ヒートマップを使うためには、2次元の行列を示す値と、データ値が必要になります。 c+ StudioへのPostデータを以下のような形...

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    折れ線グラフの表示が崩れるときは

      データの更新期間が不規則な場合などで、折れ線グラフを利用中に、表示が崩れるときは「ラインカーブ」の設定をご確認ください。         編集モード→ウィジェット設定→センサー→値1設定→ライン→ラインカーブ       以下のように修正されました。        

  • conect+Supportさんが記事を作成しました:

    ページの動作が重い、遅いときは

    c+ Studioのページにてデータの読み込みが重いときは、以下の事象が考えられます。   データ取得頻度が高負荷(数秒でデータを書き込みしている) データ読み込み件数が多い データに関連したウィジェットが多い   上記の場合、以下の対処で改善されますので、お試し下さい。 1ページあたりのウィジェット数を減らす or ページ数を増やす データ取得件数を減らす